口裂け女

 夕方のニュースで海上保安官が

 女装して下半身を出していたとして

 わいせつ行為で逮捕されたとの報道が

 確かに そんな恰好していれば おまわりさんに

 捕まって当然だろうが この人 名前まで

 報道されている

 殺人だとか無謀運転だとかであれば

 名前を出すのは 当然だろうが

 本人の弁を借りれば

 「こうしていると 興奮する」とのこと

 まあ自己満足の世界

 やはり公務員だからなのか 公務員でも

 海保だからなのか その判断基準が解せない

 しかも 近所の人のインタビューまで

 「ええ いいお父さんですよ」 なんて

 もう子供夏休み終わっても 学校には

 いけないよな 報道はそこはどう考えているんだろう

 法に反することを容認するつもりはないが

 後味が悪い報道だと思う

いとわろし

節電が呼びかけられていて

いろいろな節電アイデアやグッズも紹介されている

そんな中 今年も24時間テレビ(日テレ)や27時間テレビ(CX)が

放映されるが いったい放送局というのが夏場の電力不足とどう向き合っているのか

イマイチよく分からない

報道番組では 原発停止・再稼働 市民生活への影響など

誰を何をターゲットにしているのかよくわからないが 

中立の立場というよりも批判的な立場で報道がされている 一方で

一晩中 番組を流すことにどれだけの意味があるのか

24時間テレビは募金を募っていることが 幾分その意義が

あるのかもしれないが 27時間テレビに至っては ただただ「楽しくなちゃ

テレビでない」を体現したような内容ばかり(いままでがそうだった)だろう

石部金三が司会するような番組を というわけではないが

こんなご時世に どうなんだろうね

保冷剤

政治の世界は よく分からない

野田総理はここにきて 内閣改造をするとのこと

参議院で問責決議を受けるような人材だから

やんごとなきポストにいること自体 

問題なのだろうが

民主党にしてみれば 野党の戯言と見ているのか

まあ どっちにしても 交代人事になるわけだが

これって 見方を変えたら 税と社会保障の一体改革とやらを

進めるための 人身御供なのか

本当に有能な人材なら 誰が何と言おうと替える必要はない訳で

やはりここは衆人がやっぱりそうだよな と思える人材だからか

仕方がないのかも 

政治家だから とういうは その人の立ち位置を示すことであって

その人の能力を表しているとは言い難い

国民の代表が政治家なのだが それ自体 驕りだろう

私は国民のために などと言うよりも利益代表だと言えばいいのに

こんなだらしのない日本なのに 我々は全く醒めている

これもまた どうかしてるぜ





当座貸越

マネーロンダリング 世間じゃあ 悪いことの部類にされている

汚い手段で得た金を そうではない金に 代えようとするのだから

それはそれで そうなんだろう

時々 細かいお金がなくて お金を崩すことがある

両替という手段もあるが 最近の金融機関は

なかなかそうしたことに 優しくないようである

いや 実際は優しいのかもしれないが

なんとなく 雰囲気がそうなだ

今日も 世間の柵で集金の任をすることとなり

それぞれから集金したところ 

千円札が四十枚となった 

このまま上納するのもいいのだが

千円札40枚&小銭ジャラジャラ じゃ申し訳ないので

小銭は何とか自分で処理をして

結局千円札45枚を1万円札4枚と5千円札1枚に

両替することとした

どうしようかと考えていたら 同僚が

自分の預金口座に一旦入金して 同額払い出せば

なかなかの妙案 

金融機関の窓口で 受付番号票をもって

電光掲示板で自分の番号をいつかいつかと

待つこともなく ATMで5分もあれば済む

いいことを知った

ということで ATMへ

入金と出金 よっしゃ

と思ったら 5千円札にならなかった

たしか入金は出来るはずだが 出金はそうではないようだ

これも 社会の学習である

山の神降臨

疲れた

久しぶりにランニング大会に参加

10キロの部に

事前情報にもあったが 山岳コース

パンフレットには 箱根駅伝の山登り・山下りを彷彿と

まさにその通り かなりの急な坂道がコース

制限時間80分には 何とか戻ってこれたが

10キロのうち 歩いていたのが 8割だったと思う

折り返してからは もちろん下りなのだが

膝にまともに体重がかかる

だから 復路をずっとスピードを出して走れない 

よく言う膝が笑いだすので 途中でスピード落としたり

歩いたりと とてもランニングが趣味です なんて言うのが

憚られる状況ではあったが 何とかぶっ倒れることもなく

ゴールに戻ってこれた

今回の状況からすれば もう市民マラソンであっても大会に

出るのは考えた方がいいのかも

これ以上は 年寄りの冷や水 なのかもしれない 

画像

二打罰

連休に見た光景に 駅のホームでゴルフの素振りをするおじさん

おじさんと呼ぶには失礼かもしれない もうちょっと若いのかも

どうやら ドライバーでティーショットをする態(テイ)だった

ワッグルをして 狙いを定めて チャーシューメン!と振りきる

反対のホームから見ていたが 一緒にいた娘と一緒に

「フォー」と小さく合いの手を入れてみた

ご本人は ナイスショットだったかもしれないが

傍目には 隣のコースに行ったのではないか と

若干グリップも気にはなったが 線路二本をはさんだ向こうのホーム

しっかり 確認するのは難しい状況での

一応 前に飛んだということで フォー だった

しかし 今時 駅のホームでそんな練習をする光景

昭和の遺産と思っていたが そうではなかったようだ

天気もよかったので傘を逆さまに持って ではなかったのが

ある意味不幸中の幸いだったかも

もし 傘など振っていたら いわゆる痛いオヤジだ

ゴルフもずいぶん庶民のスポーツになったというが

駅のホームで エア・サッカーやエア・野球(ピッチングのマネはあるかも)などは

見受けられないから 

やはり オレってゴルフするんだぜ ワイルドだろ!的な

思いがまだあるスポーツなのかもしれない

駅のホームでティーショットを打った 中年おじさんは

第二打をうつため 到着した電車に乗り込んでいった 

お猿の篭屋

ローカル列車での通勤をしている

ラッシュというものには 全く縁遠い

朝は 中学生高校生お召し列車といったところだ

だから マナーはイマイチ

先日も駅に行くと マナーアップ大作戦なるノボリを立てて

大勢の方が改札に向かう人たちに声を掛けている

JRの方もおられたようだが どう見てもやっつけ仕事風にしか

見えない ちゃんと列車に乗って指導したらどうか

ドア付近にウジャウジャと固まっている女子中学生

連結部に座り込む高校生

つり革で懸垂する中学生

荷物を平気で自分の隣にドーンと置いている高校生

大声で会話する男子中学生など

都会の電車(列車ではなく)に乗ったことがある者にとっては

その幼稚さに 驚嘆の毎日である

彼等のほとんどが 高校を卒業すれば

移動手段は列車からクルマになるのが 地方の習わし

マナーの下地がない者にルールはうっとうしい

だから 京都亀岡のような 殺人というべき交通事故が

起こるのかもしれない